30代子持ち女性再婚の婚活方法

30代の子持ち女性で再婚を考えているけど、婚活まで一歩を踏み出せないという方は多いことでしょう。子持ち女性が再婚するにあたり、考えておくべきことをまとめベストな婚活方法をお教えしています。

子持ちの30代女性の再婚

shingurumaza

30代女性の子持ち、わゆるシングルマザーは、再婚が難しいのでしょうか?
バツアリというだけでも、初婚の人から見ると、やはり抵抗があるとは思います。

初婚の男性は、当たり前ですが初婚の助成を求めます。
更に言うと、男性は総じて自分自身よりも、かなり年下の女性を好みます。

そう言う意味では、30代と若くもなく、しかもバツアリで、子供もいるということは、婚活においてかなりの不利なハンディがあると言わざる得ないのが、現実でしょう。


一人よりも二人が良い

いろいろな面から、女性一人よりも、パートナーと一緒のほうが都合が良い、という場面が多々あると思います。

例えば、経済面での再婚メリットは一番大きいのではないでしょうか。
女性ご本人が700万円~1,000万円と高収入ならば問題ありませんが、年収300万円や400万円といった場合、子育てにかかるコストを考えると、将来に不安を感じる金額です。

また、生活や子育ての手間という観点からも、パートナーと一緒のほうが、負荷分散できるので、日常生活の質が向上すると思います。

ご両親の協力を得られるのであれば、比較的余裕があるのでしょうけど、すべての人がそうではないはずです。


再婚の難しさは心理的な抵抗

女性の再婚においての難しさとは、男性のお相手が見つかるかどうかという外部環境よりも、女性ご自身が再婚に対して積極的かどうか、という心理的な抵抗が再婚を難しくしているように思います。

バツイチで、一度は失敗しているが、二度目の失敗はできない。
という心理的なプレッシャーもあるのかもしれません。

また、子供の年齢にもよりますが、子供の事を考えて、一生を女で一人で育てる覚悟、というのも立派な考え方かもしれません。

しかし、人生はまだまだ先が長い。
凝り固まった考え方をせず、柔軟に再婚を考えはじめると、今まで見えなかった可能性が見えてくるのではないでしょうか。

最初は抵抗があるかもしれませんが、子供も父親がいたほうが、家庭教育面でも社会性を育てる面でも、メリットとなるはずです。

また、貴方自身や子供が病気や怪我、不慮の事故にあった時、男性のパートナーが一緒のほうが、経済面、心理面で、支えになると思います。


再婚は積極的に考えてもOK

もしあなたが再婚に対して、かなり心理的な抵抗があったり、絶対に再婚しないと決めているのであれば、このページにそもそも、辿り着かないでしょう。

このページを読んでいるということは、再婚に興味があるか、再婚を迷っている。
そうであれば、チャンレンジというか、勇気を持って一歩を踏み出すことは、決して悪いことではないと思います。

より良い人生にしようと思っているのですから、良いことをなそうとしている、という意味にもなります。
例えば、結婚相談所などで相談してみて、お相手探しをしてみて、理想とする男性を見つけることができなければ、諦めるのも良いでしょう。

しかし、一歩を踏み出すこと無く、頭のなかで考えただけで諦めてしまったら、後悔の人生になる可能性が高くなると思うのです。

まずは出会いの幅を広げてみて、色々な男性と話をしてみて、再婚はそれから決めても遅くないのではないでしょうか。
再婚をはじめから拒否するよりも、まずは考えてみることが大事だと思います。

再婚するのとしないのでは、その後の長い人生が、全く違ったものになるのでしょうから。
 ↓ ↓ ↓ ↓
結婚相談所が再婚女性に良い理由を見る⇒