30代子持ち女性再婚の婚活方法

30代の子持ち女性で再婚を考えているけど、婚活まで一歩を踏み出せないという方は多いことでしょう。子持ち女性が再婚するにあたり、考えておくべきことをまとめベストな婚活方法をお教えしています。



子持ち女性の再婚は年齢若いほうが有利ですか?

0000

初婚・再婚に限らず、婚活において女性は、年齢が若いほうが有利のようです。
まぁ、有利と言うよりは、選択肢が多くなるという方が、正しいのかもしれません。

お相手となる男性において、どの男性を狙っていくのかによりますが、いずれにしても若いほうが良いでしょう。
つまり、再婚する気が少しでもあるなら、今スグ行動したほうが良いということです。


初婚男性は子供を欲しがる

再婚相手が初婚の独身男性であれば、当然のことながら、子供を欲しがります。
出産のことを考えるのであれば、女性は若いほうが良いと男性は考えます。

また、子供が欲しいからこそ、子持ち女性を選ぶ男性がいる、という考え方もできます。
女性であるあなたに子供がいるということは、出産できる身体だということを、証明できている訳です。

初産で35歳以上になると、高齢出産と言われてリスクが徐々に高まるのは、よく言われることです。
しかし、35歳以上でも初産でなく、二人目、三人目であれば、比較的妊娠しやすく、初産と比較して妊娠後のリスクも少ないと言われています。

ここが独身男性の目の付け所になるわけです。
どうしても子供がほしい男性の場合、男性自身の精子の加齢もあり、初婚で30代半ばの女性と一緒になったからといって、必ずしも健康な子供が産めるわけではありません。

となると、リスク軽減のために、子持ち女性に目が向くのは、当然のことなのかもしれません。


女性は若いほうが男性からの需要が多い

やはり何だかんだ言っても、女性は若いほうが、男性からの需要が多くなり、結婚相談所などでもアプローチが若いほど多数になります。

そうなると、女性の側から男性を選ぶことができるようになるわけです。
これって、女性からすると、とても有利な立場ですよね。

一生再婚をしないというのなら、話しは別ですが、もし少しでも再婚を考えているのであれば、躊躇している無駄な時間は、不要です。

結婚するのかは、あとからじっくり考えるとして、とにかく男性との出会う回数を増やし、良い男性に出会ってから再婚を考えれば良いでしょう。

考えてから行動するのでは、遅すぎます。
30代という貴重な時間は、1ヶ月たりとも無駄には出来ないはずです。

その時間的な優位が、婚活の結果を左右するからです。
婚活の結果とは、つまり、これからの人生を左右するということつながります。

繰り返しますが、婚活はとにかく早く行動したほうが良い。
実際の結婚は、その時にじっくり考え、相手と相談すればよいでしょう。

そうしないと、相手すら見つからないという最悪のパターンに、なりかねません。
男性を獲得する力が強いのは、若いほど良いですから。


dTV無料










 - 子持ち女性再婚 , , , , , , ,