30代子持ち女性再婚の婚活方法

30代の子持ち女性で再婚を考えているけど、婚活まで一歩を踏み出せないという方は多いことでしょう。子持ち女性が再婚するにあたり、考えておくべきことをまとめベストな婚活方法をお教えしています。

「 子持ち女性再婚 」 一覧

子持ち女性の再婚は年齢若いほうが有利ですか?

0000

初婚・再婚に限らず、婚活において女性は、年齢が若いほうが有利のようです。
まぁ、有利と言うよりは、選択肢が多くなるという方が、正しいのかもしれません。

お相手となる男性において、どの男性を狙っていくのかによりますが、いずれにしても若いほうが良いでしょう。
つまり、再婚する気が少しでもあるなら、今スグ行動したほうが良いということです。


初婚男性は子供を欲しがる

再婚相手が初婚の独身男性であれば、当然のことながら、子供を欲しがります。
出産のことを考えるのであれば、女性は若いほうが良いと男性は考えます。

また、子供が欲しいからこそ、子持ち女性を選ぶ男性がいる、という考え方もできます。
女性であるあなたに子供がいるということは、出産できる身体だということを、証明できている訳です。

初産で35歳以上になると、高齢出産と言われてリスクが徐々に高まるのは、よく言われることです。
しかし、35歳以上でも初産でなく、二人目、三人目であれば、比較的妊娠しやすく、初産と比較して妊娠後のリスクも少ないと言われています。

ここが独身男性の目の付け所になるわけです。
どうしても子供がほしい男性の場合、男性自身の精子の加齢もあり、初婚で30代半ばの女性と一緒になったからといって、必ずしも健康な子供が産めるわけではありません。

となると、リスク軽減のために、子持ち女性に目が向くのは、当然のことなのかもしれません。


女性は若いほうが男性からの需要が多い

やはり何だかんだ言っても、女性は若いほうが、男性からの需要が多くなり、結婚相談所などでもアプローチが若いほど多数になります。

そうなると、女性の側から男性を選ぶことができるようになるわけです。
これって、女性からすると、とても有利な立場ですよね。

一生再婚をしないというのなら、話しは別ですが、もし少しでも再婚を考えているのであれば、躊躇している無駄な時間は、不要です。

結婚するのかは、あとからじっくり考えるとして、とにかく男性との出会う回数を増やし、良い男性に出会ってから再婚を考えれば良いでしょう。

考えてから行動するのでは、遅すぎます。
30代という貴重な時間は、1ヶ月たりとも無駄には出来ないはずです。

その時間的な優位が、婚活の結果を左右するからです。
婚活の結果とは、つまり、これからの人生を左右するということつながります。

繰り返しますが、婚活はとにかく早く行動したほうが良い。
実際の結婚は、その時にじっくり考え、相手と相談すればよいでしょう。

そうしないと、相手すら見つからないという最悪のパターンに、なりかねません。
男性を獲得する力が強いのは、若いほど良いですから。


dTV無料

シングルマザーの子連れ再婚は難しいですか?

02

シングルマザーという母子家庭では、子育てに最優先で時間を投資するため、どうしても仕事への時間が少なくなり、結果、そのまま時間の少なさが収入的な少なさにつながることが多々あります。

例えば、年収700万円~800万円稼ぐ女性は割りと多く見かけます。
年収700万円以上稼ぐということは、仕事は相当に忙しく、自由な時間は限られているはずです。

それが、シングルマザーという時間的制約では、能力はあっても仕事に投資できる時間数が限られ、年収700万円を維持するどころか、非正規雇用に切り替えられてしまう可能性すらあります。

そして、収入が落ちると、やはりパートナーの存在が不可欠となるのではないでしょうか。


全体の30%はバツイチ再婚

大手結婚相談所のデータによると、成婚したカップルの内、30%は再婚だということです。
つまり、それだけバツイチの方が、男女問わず、多く存在するということです。

特に再婚で結婚というのは、自然な出会いに任せて待ちの姿勢では、非常に難しいと言えます。
だからこそ、最強の婚活サービスである、結婚相談所を皆さん利用するんですね。

費用は20万円~30万円と高額ですが、その投資をしてもなお、再婚したいという希望が多いということです。
逆に高額な費用を支払う価値が有るほど、結婚相談所は利用する価値がある、という意味にもなります。

シングルマザーだからといって、再婚を躊躇する必要は、全くないと言えます。


40代~50代男性から人気のシングルマザー

30代のシングルマザーは、子連れだから再婚は難しいのではないか?っと、自分では考えているようですが、結婚相談所のような真剣に結婚したい、という集団の中では、逆に人気があったりします。

独身男性にとって、40代後半から50代になると、30代の独身女性からは、余程のことがない限りご縁がありません。

かと言って、バツイチでも子無しの女性は、ほぼ独身女性と同じ思考パターンをすることが、分かっています。
つまり、あまり多くの妥協はしません。
あくまでも、自分の理想を貫く傾向があり、子供がいないバツイチは、ほぼ独身女性と同じ市場価値となります。

そこで、シングルマザーに人気が集まるわけです。
離婚経験と人生経験はイコールです。打たれ強さや、たくましさ、それと同時に子育てで培った深い愛情があるので、40代男性には、シングルマザーそのものが人気です。

もちろん、40代男性でも、20代の若い女性をターゲットとして婚活している人もいます。
ここで言いたいことは、シングルマザーを積極的に求めている独身男性が存在する、ということです。
あなたにとっては、うれしいことですよね。


とにかく男性と出会う数を増やす

独身女性と違い、シングルマザーは超現実的に物事を考えていると思います。

恋愛とかどうでもいいことで、生活としての結婚が最優先ですよね。
・子育ての負担軽減
・収入が増えることで経済的安定
・万一の病気や事故に対するリスク対策

再婚すると、シングルマザーでは不安だった日常生活が、格段に安定して、安心して豊かに暮らせる日常生活が待っています。

お相手の男性の人柄が良いというのが大前提なので、見てくれよりも、経済力と、優しさですよね。
小さいこどもは、お相手男性の見た目など、気にしません。

それよりも、愛情をたっぷり注いでくれて、優しいことのほうが、最も大事だと言えます。

そのためにも、真剣な結婚する独身男性が集まる、婚活サービスがよいでしょう。
つまり、結婚相談所です。

費用は高額ですが、将来の投資と考えれば安いもの。
とにかく、30代という貴重な時間を、早く再婚へ結び付けたいですよね。

子持ち女性の再婚は初婚男性でもOKですか?

The-Life-of-a-Working-Single-Mother

子持ちのバツイチ女性が、再婚するとなると、お相手の男性はどのような方を選べば良いのでしょうか?
初婚男性を選ぶ選択肢もありますが、その場合は、どのような事が考えられるのでしょうか?

これから再婚を考えた婚活を行うにあたり、ターゲットとなるお相手の男性像を知っておくのは良いことですよね。


男性にとってははじめての結婚

女性であるあなに取っては2度目の結婚ですが、男性にとってははじめての結婚です。
なので、お見合いや交際を通して、もし結婚したらどうするのか?ということを、割と細部に至るまで、具体的に話をしておいたほうが良いと思います。

例えば、子供です。
初婚男性は、絶対にといって良いと思いますが、新たな子供を欲しがります。
ほんとうの意味で、自分の子供になるからです。

それについて、あなたはOKなのか。
もし、あなたの年齢が30代の半ば過ぎで、妊娠しなかったとしたら、どういう選択肢があるのか。

既にあなたの子供があるので、妊娠はあきらめる。
あるいは、不妊治療をしてまで、子供を授かる努力を継続する。

色々と選択肢があると思います。

また、お金の使徒は、きちんと話し合っておくべきですよね。
誰が管理するのか?
子供の教育には、どの程度のコストを考えているのか、などです。


親の説得は可能か?

男性が初婚の場合は、よほど年齢が上で無い限りは、親の抵抗が待っていることが考えられます。
男性が40代半ば過ぎから50代だった場合、どんなお相手女性でも、ウェルカムということになるので、特に親の反対というのは、可能性として少ないでしょう。

しかし、30代や40代前半の男性の場合は、子連れ女性との結婚は、男性の親に抵抗心があると思います。

その親の抵抗を、男性がしっかりと説得できるのか?
その辺りも、男性に確認しつつ、しっかりと話し合っておいたほうが良いですね。

お見合いをして、いざ交際が始まり、結婚を考える段階になってトラブルになることも予想されます。
最悪の場合、結婚反対を押し切られ、その男性と結婚できないとしましょう。

それまで投資してきた時間という貴重な資源は、取り返しがつかないのです。

女性の再婚でも、初婚と同じく年齢が勝負を分けます。
婚活において年齢が若いほうが、より条件の良い男性を獲得しやすいからです。

その貴重な時間をムダにしないためにも、最初から積極的にお相手男性に具体的な質問をしていったほう良いでしょう。


結婚相談所にはバツイチ女性OKの男性もいる

結婚相談所は、真剣に結婚したいと願っている人の集まりです。
会費約30万円も支払う訳ですから、その真剣度は推して知るべしです。

40代~50代の男性又は、30代でもバツイチの男性が多く在籍していて、バツイチ子連れ女性でも充分に需要があります。

つまり、再婚のチャンスが沢山あるということです。
最初の入会費用は高額ですが、自分の人生において将来の投資だと思えば、安いものです。

自然な出会いが見込めない以上、素早く再婚するには、婚活サービスを利用し、お金で時間を買うのが、もっとも効果的です。

子持ち女性の再婚は男性もバツイチが良いですか?

55

子持ちの再婚となると、お相手が見つかるのかな?っと不安に思い、行動に移せない女性は多いように思います。

再婚でしかも、子持ち女性となると、男性からの見る目が初婚女性とは違います。
まぁ、当たり前ですが。

特に初婚男性は、かなり心理的な抵抗があり、結婚対象としては見てくれないでしょう。
可能だとすれば、以下の男性像です。


再婚ターゲットとなる男性像

1、バツイチ男性(子持ちもあり・なし両方)
2、40代半ば~50代の初婚男性
3、30代同年代の男性でなおかつ、女性と交際経験がない

上記を見ると、だいたい想像がつくのではないでしょうか?
1番であれば、あなた自身と同条件なので、比較的受け入れやすいと思います。

また、2番の場合は、仕事に没頭してきた男が多く、婚期を逃したと考えられます。
その場合は、高年収で、知的水準が高いのが特徴です。

3番は、女性とのお付き合いが無い、交際経験がないことから、あまりにも純粋すぎる、ということが想像できます。
もしかすると、女性の側が積極的にリーダーシップを取るような形になるのかもしれません。


新しい子供は欲しくない

再婚後の子作りについて、新しい子供が欲しくない場合は、子連れのバツイチ男性を選ぶことになりそうです。
このカテゴリの男性でも、新たに子供を欲しがる人はいるでしょうけど、絶対に欲しいという思い出はないはずです。
既に自分の子供がいますからね。

繰り返します。あなた自身が積極的に新たな子供が欲しくない場合は、バツイチ子連れ男性狙いです。

逆に他の男性は、新しい子供を出産することが、ほぼ必須と言えます。
必須ではない人も中にはいるでしょうけど、男性にとって結婚とは、子供を創ることだからです。


価値観がマッチしやすいバツイチ男性

再婚子連れ女性と、初婚の男性の場合、女性のほうが無意識に、引け目を感じることがあるようです。
子連れの私なんかと結婚してもらい、もうしわけない」っと。

男性がそれでも良いという選択をするのですから、全く引け目など気にする必要はないのですが、気にする女性はいるようです。

ところが、男性もバツイチで子持ちであれば、全く同条件ですから、価値観もマッチする可能性が高いですよね。
お互いに、同じような境遇、同じような苦労をしてきたので、話もし易いのではないでしょうか。

バツイチ子無し男性や、バツイチ子連れ男性との自然な出会いは難しいですが、結婚相談所であれば、すぐに見つかります。
真剣にかつ短期間で結婚することに特化した婚活サービスなので、利用しないと損ですよね。

30代女性の子連れ再婚は子作りして良いですか?

三世代ファミリーポートレート

30代子連れの女性が再婚するにあたり、新しい子作りというのは、どのように考えれば良いのでしょうか?
結婚相談所や婚活サイトで再婚の女性を見ると、プロフィール欄に書かれていることがあります。

「結婚後のこどもは? ⇒ どちらでも良い」
という回答が多いように思います。
「どちらでもよい」ということは、迷いもあるということも含んでいることでしょう。

再婚の子作り、あなたはどのように考えていますでしょうか?


再婚相手の男性に子供がいない場合

再婚相手の男性に、子供がいない場合もありますよね。
男性がバツイチなのか、初婚なのかは、関係ありません。

その場合、男性的な考え方でみると、多くの方は「結婚=子供」という考え方の人が多いのではないでしょうか。

子供といっても、女性であるあなたの連れ子も子供なのですが、自分の遺伝子を残したいという意味での子供、という考え方が強いように思います。

つまり、あなたと男性との間に、新たな子作りが必要ということになります。
子供がいない男性との結婚では、子作りは必須と考えておいたほうが良いでしょう。

もちろん、中には、既に子供がいるのだから、新たな子作りは不要だという男性もいるかもしれません。
しかし、多くの男性は、自分の子供が欲しいと思っているものです。


再婚相手も子連れの場合

再婚するお相手男性が、同じく子連れの場合は、お互いに子作りに対しては、積極的ではない可能性が高いかもしれません。
お互いに、子供がいるのですから。
かと言って、新しい子作りに対して否定的かというと、授かれるものであれば、授かりたいという気持ちもあるでしょう。

お相手によって考え方が違ってくるでしょうから、よく話し合う必要がありますよね。
つまり、男性が子供なしの場合は、ほぼ子作り必須ですが、男性も子連れの場合は、必須ではない、ということです。


再婚子作りで自分の子供に対する配慮

再婚して新しい子作りというのは、今いる自分の子供に対しても、配慮というか遠慮というような意識が、あるかもしません。
子供が低年齢であれば、それほど意識しなくても、割りと問題なく順応するようです。

子供が既に小学生やそれ以上の年齢の場合は、親の妊娠が気持ち悪いとか、生理的に受け付けないとか、感じる子供もいるようです。

しかし、新しい兄弟が誕生することに対しては、素直に受け入れるのではないでしょうか?
子供に対して最低限の配慮は必要ですが、遠慮することはないと思われます。

要は、女性であるあなたと、お相手の男性が、お互いにどう考えるか、ということが大事なのでしょう。
新しい家族ができて、にぎやかに豊かな人生になるのは、良いことだと思います。

子持ち30代女性は再婚で収入が安定しますか?

04

子持ちの30代女性にとって、現実的に欲しいものは、お金と時間ではないでしょうか。
子育てには、時間とお金がとても必要だからです。

それを一人で背負い、生きていくのは立派なことでもありますが、安定という観点からは、やはりパートナーがいた方が心強いのは間違いありません。

収入は、一人で稼ぐ金額よりも、お相手男性と一緒の世帯収入として考えると、今よりもかなり豊かになりますし、豊かということは選択肢が増えることになります。


再婚して収入が安定するか

収入を安定させるためだけに再婚するわけではないですが、子供のことを考えると、食うや食わずのカツカツした生活では、将来の選択肢が非常に狭くなります。

やはり生活には収入面で余裕があり、子供の教育には多くの資金と投入して行きたいですよね。
収入が増えることは、家族全体はもちろん、子供にとっても、選択肢が広がることになります。

例えば、塾の是非はさておき、学力をアップさせるための塾通いも、お金が必要です。
習い事があれば、さらにお金が必要です。

世の中は、肉体労働よりも、知的労働が益々、高度化していますから、教育格差が将来の経済格差になるのは、明らかです。
そのような意味でも、子供にはきちんとした教育を、受けさせてあげたいですよね。
そのために必要なのは、収入の安定です。


仕事と子育ての両立

30代といえば、気力体力ともに、人生で一番充実している時期になるでしょう。
30代~40代が体力的なピークということは、気力もその頃がピークになります。

その時期に仕事に没頭して時間を投入して入れば、かなりの収入が見込めますし、スキルアップによりさらなる収入アップへと良循環します。

ところが、子育ては待ったなしで、時間を投資する必要があるので、仕事そっちのけになります。
そうなるとかなり優秀とか必要とされる人材でないと、シングルマザーで正規雇用されるのは難しいでしょう。

非正規雇用となると、稼げる時間が限られますし、福利厚生面での安心感もありません。
ますます、不安定な生活を強いられます。

ご両親が健在でなおかつ、良好な関係から積極的なサポートがあれば良いですが、そうでない場合は、世の中で孤立した存在です。
とても、心細いですよね。

その場になってから再婚を考えても、遅すぎます。
時間がありませんし、結婚相談所を利用する資金力も厳しいでしょう。


収入の安定には再婚して頭数を増やす

やはり「数は力」とは、よく言ったもので、頭数が多いほうが、生活は安定します。
一人の母親よりは、母親と父親がワンセットになったほうが、お互いに助けあう事ができます。

その生活や経済の安定感は、即、家庭の心理的な安定感・安心感になって浸透します。
子供のその安心を敏感に感じ取り、子供の精神も安定するでしょう。

そう考えると再婚は、自分の為だけではなく、子供のためにもなっていると言えます。
もちろん、お相手の男性はだれでも良いわけはありません。

見た目が多少、不格好であっても、精神的に安定した、誠実な男性が好ましいでしょう。
子育ての観点からだけみると、男性の見た目はどうでもよいことで、父親としての役割のほうが重要です。

良い男性を早く獲得するためにも、女性であるあなたの年齢が、婚活では重要です。
つまり、若いほうが男性の獲得率がアップするからです。

再婚に躊躇する人が多い中、実際に再婚するかは、あとで決めるとして、多くの男性と早く出会っておくことで、将来の可能性を広げておくことは、とても大事だと言えます。

子持ち30代女性の再婚は子供に遠慮しますか?

06

30代で子持ちのシングルマザーは多いと思いますが、再婚を考える際、子供に遠慮してしまう事があるようです。
子供の為を思うと、女手一人不安だとはいえ、再婚せずに一生一人で人生を全うするべきか、っと。

中には、子供にパパが欲しいか?っと聞いてみる女性もいるようですが、子供は何も分かっていませんので、聞くほうが無責任だと言えます。

また、多少とも親の喜ぶことが分かっている子だと、逆に親に遠慮して、パパが欲しいなど、母親が喜びそうな答えを口にします。
だからこそ、無責任に子供に判断を委ねても、残酷だと思えてしまいます。
つまり、あなたの意志が大事なのだと思います。


家庭の安定のために再婚を選択するか

子供のためを思うならば、あなた自信が寂しいとか寂しくないとか、感情的な理由はさておき、家庭や日常生活を安定したモノにするため、再婚を考えると、その必要性が見えてくると思います。

もちろん、再婚することが全てではないですし、母子だけで幸せな水入らずも良いでしょう。
しかし、子供には父親の存在が必要なことも、心理学的な面からみても事実です。

一般論でいうと、家庭における男女の役割は、それぞれが違うからです。
父親的役割と、母親的役割。

子供の心理的な安定のためにも、その両方が必要です。厳しい愛と、保護する愛。

例えば、子供は自制能力がほぼありません。
そのため、ゲームなどの快楽に熱中すると、やめません。

母親的な注意の仕方と、父親的な注意の仕方は、違います。

母親は、注意をするものの、ゆうことを聞かない子供対して、強制力を持ちません。
子供に根負けして、注意することをやめてしまう事が多いです。
子供は、所詮、母親は言葉で注意しても、ゲームを続けることができると、理解します。

対して、父親的愛情は、ゲームに没頭して、勉強しないことは、子供の将来にとってどれだけリスクになるのかを見通し、頑としてやめさせます。強制力を持ち、良い意味で子供に自由を与えません。好き勝手は許さず、家族の秩序を守ります。

母親一人で、両方(父親的・母親的)の役目を行うことはできますが、一人よりも二人のほうがバランスよく、子供の教育にも効果的なのは明らかです。

つたない例ですが、子供のことを考えるならば、再婚は積極的に考えるべき、ひとつの選択肢ということです。


子供は柔軟なので再婚に順応する

子供は大人よりも、考え方が柔軟で、ほぼ何でも受け入れることができます。
あなたが再婚したいという決心があり、子供に遠慮して実行できないとなれば、子供がそれを敏感に感じ取り、逆に心理的負担として、生きにくさ、を感じるかもしれません。

自分のせいで、母親は再婚できず、自由な人生を歩めない、っと。
例えばですが。

子供は人生経験がない分、考え方が柔軟で、何でも受け入れ、その環境に順応する能力が高いです。
再婚したとしても、すぐにその環境に馴染むはずです。
もちろん、お相手の男性が良い人であることが、大前提です。


まずは再婚に向けて行動してみる

あたまで色々と考えていても、何も変わりません。
もし本気で再婚のための婚活をするのであれば、年齢があなたの年齢は若いほうが良いし、有利です。

となると、スグに行動起こしたほうが良いでしょう。
良い男性を獲得する可能性が高くなるからです。

再婚するかしないかは、男性に出会ってから考えても遅くはありません。
色々な男性とお見合いしてみて、ビビッときたら、子供に相談・報告するものよいでしょう。

まずは結婚相談所を利用して、色々な男性に出会ってみると、考えていた以上に可能性の広がる、豊かな人生になるのかもしれませんね。

30代子持ち女性の再婚は結婚相談所が良いですか?

0IKPd4

子持ち30代女性が再婚する際の婚活は、どの種類の婚活を利用するのが良いのでしょうか?

ご存知のように、婚活サービスは、色々ありますが、やはり真剣に再婚を考えているのであれば、結婚相談所は最強の婚活ツールになります。

婚活パーティーや婚活サイトもありますが、会員男性の結婚への真剣度、時間的なスピード感などを含め、費用は高額になりますが、結婚相談所を利用することをオススメします。


真剣な男性を獲得しやすい

婚活サイトや、婚活パーティーの利用も否定はしませんが、結婚の真剣度の高い男性を獲得するとなると、結婚相談所がオススメですし、安心です。

どういうことなのでしょうか?

子供がいる再婚女性だと、男性からみても再婚の条件としては不利です。
30代前半で、見た目がキレイでも、不利な条件には変わらないでしょう。

男性によっては、子持ち女性よりも、男性自身のほうが優位に立っていると勘違いしています。
特に男性が、初婚者の場合はそういう傾向が強いでしょう。

婚活パーティーや婚活サイトのような、ライトな出会いだと、女性が軽く見られた場合、エッチ目的で近づいてくる輩がいます。
真剣に再婚を考えているあなたにとっては、やっかいな男性ですよね。

このような男性はコミュニケーション能力が高く、外見は魅力的に見え、振る舞える事が多く、上辺の魅力に引き込まれてしまう事も考えられます。

これらの危険を排除するためには、真剣に結婚を希望している男性とだけ、出会いが会ったほうがいいですよね。
だから、再婚女性はお金がかかっても、未来への投資だと思って、結婚相談所を利用したほうが良いのです。


結婚相談所は30%が再婚希望者

再婚者は自分たちが少数派のように感じていることが多いようですが、実は、大手結婚相談所(例:楽天オーネット)において30%が再婚希望者です。
つまり、バツイチ会員。

人生設計をきちんと考え、バツイチでも真剣に再婚を考える人は、多いと言えます。
あなたは初婚男性にこだわっている訳ではない場合、同じバツイチの男性も多くいるので、お見合いの可能性が初婚男性よりも、非常に高くなります。

バツイチ同士の男女ですから、結婚の何たるかを、お互いによく分かっていますよね。
そういう意味では、話しが合う可能性が高く、戦友のような感じで、仲良く一緒の人生を歩めるのではないでしょうか。

真剣に再婚したい女性にとって、結婚相談所は可能性に溢れています。

結婚相談所「パートナーエージェント」体験談サイト

離婚後は何ヶ月で再婚可能でしょうか?

05

なるべく早く再婚をしたい女性が、離婚後どのぐらいの期間を置いて再婚することが可能なのでしょうか?
離婚してスグに出会いやご縁があり、再婚したい人には、気になる法律ですよね。

この法律は民法733条の「再婚禁止期間」として、女性のみに適用される法律です。
詳しく見て行きましょう。


再婚禁止期間とは

民法733条では、「再婚禁止期間」について書かれています。

1、女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
2、女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。

女性の場合は、妊娠が分かるまでの間にタイムラグがあり、子供の父親は誰か?っという観点から、その存在を保護する事になるようです。
そのため、女性のみ6ヶ月という期間、再婚を禁止しているんですね。


外国では禁止条項廃止の傾向

日本では前述のように、6ヶ月間の禁止期間がありますが、外国では女性のみの禁止期間を廃止する傾向があるようです。
男性と同じく、離婚が成立した翌日から、再婚が可能になる、ということのようです。

日本では民法733条が修正されない限りは、女性の禁止期間は6ヶ月となっています。


離婚までに長い時間が必要な場合

離婚成立までに長い時間を要してしまい、ずっと事実上離婚状態であった。
その何年もの間に、新しい出会いがあり、一刻も早く新しい男性と結婚したい、という女性もいるのかもしれませんね。

離婚は、基本的にお互いが合意しないと難しいのでしょうから。
片方が明らかに有責者であれば、弁護士に依頼して、合意なくして離婚できるのでしょうけど。

たぶん、あなたはこれから出会いを探すお子様がいるシングルマザーでしょうから、民法733条はあまり関係がないのかと思います。

新しい出会いは、シングルマザーだとなかなか難しいと思いますが、婚活サービスを利用することで、同じような条件の男性を見つけることは可能です。

最強の婚活サービスは、やはり結婚相談所になります。
結婚への真剣度が、他の婚活サービスとは違い、約30万円近くの費用を投資するだけあって、真剣そのものです。
こういう真剣度の高い男女の集まりならば、再婚するのは比較的かんたんでしょう。